実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 増上寺・四菩薩石像
増上寺・四菩薩石像

 東京港区にある関東の浄土宗の中心芝・増上寺にいき、お参りをしたあと、広い境内をゆっくりと見て歩きました。さすが歴史のある大寺なので、方々に興味深い建物や仏像、歌碑・句碑などがたくさんあります。

増上寺は徳川家の菩提寺だったので、徳川家墓所が本堂の裏にあります。ここには徳川家の6人の将軍やその家族たちが葬られているそうで、ときどき期間限定で公開されるようです。

その徳川家墓所の前に、赤い前垂れをかけた四体の石像がありました。右から「普賢菩薩」、「地蔵菩薩」、「虚空蔵菩薩」、「文殊菩薩」の四菩薩像です(上の写真)。鎌倉時代の1285年に作られた大変由緒のある仏像とのことです。

菩薩とは、修行中の仏のことです。もっともよく名前を聞く「観世音菩薩」は、修行中のお釈迦様の姿をしているとされます。上記の四菩薩は、お釈迦様の四つの知恵をあらわす仏様で、四菩薩がかけている赤い前垂れは魔よけのためだそうです。

     初詣で      人気blogランキングへ
       前垂れ赤き
         四菩薩


四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2018/02/18(日) 06:43)

 兄弟で雪だるま
兄弟で雪だるま

 数日前、朝起きて戸を開けると、昨日から降っていた雪が23センチほども積もっていました。東京は例年冬は暖かく、雪が降るのは多くて年に2、3回です。

私どもが子供のころは、東京も30センチ以上も雪が積もったことがありましたが、最近では地球温暖化のせいかそのようなことはほとんどなく、今回の大雪は6年ぶりということです。

例年雪があまり降らないので、東京の住人は雪にはからきし弱いのです。なにしろ、雪の道を歩くに適した靴を持っていません。また、雪道の歩き方を心得ていません。

そのため、少し雪が降ると、かならず滑って転んで腰をうったとか手をけがしたとかいう人がでます。昨日も、東京では救急車が朝から盛んに出動してけが人に対応していたようでした。

かくいう私も、昔、雪道で滑って思わず手をついたところ、道路の雪がかちかちに凍っていて手袋をしていなかった手を切ったことがありました。

でも、子供たちは、久しぶりの雪降りで大はしゃぎです。家の近くの空き地で、近所の男の子兄弟が雪を集めて大きな雪の玉をつくっていました。それぞれが作った雪だまを転がしてきて、お兄ちゃんが作った大きな雪だまの上に弟の小ぶりの雪だまを乗せて雪だるまの完成です。

      兄弟の      人気blogランキングへ
        玉を重ねて
          雪だるま


四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2018/02/10(土) 06:40)

 雪だるまつくり
雪だるまつくり

 東京地方に23㎝ほどの大雪が降った1月23日(火)のお昼近く、近くの公園に積もった雪を見に行きました。

公園の池には氷が張りつめており、その氷の上に雪が積もっていました。この池に氷が張り詰めているのを見るのは、久しぶりです。やはり、今年は東京も相当な寒さなのでしょう。

池の端のほうにわずかに水面が残っており、そこで池に住んでいるアヒルのつがいが窮屈そうに泳いでいました。

公園の一隅、雪の吹きだまりのところで、元気な子供たちが大きな雪だるまを作っている最中でした。見ていると、なかなか上手なもので、まず、自宅からもってきた大きなバケツの中にあたりの雪を詰め込み、踏み固めます。

そうしてできた雪ブロックを上の写真左のように次々に積み重ねて、雪だるまのおおよその形をつくります。それができてから、まわりに雪を貼り付けてだるまらしい丸い形状にしていきます。

最後に、だるまの頭にもう一つ雪ブロックをのせて帽子として、雪だるまが完成しました。制作チームのメンバーがだるまのまわりに集まり、記念撮影です。子供たちの明るい笑顔につられて、雪だるまさんもにっこりと微笑んでいました。

     雪だるま     人気blogランキングへ
       子らに囲まれ         
         にっこりと

四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:7
(2018/01/29(月) 07:03)

 都立園芸高校の冬
東京都立園芸高校

 世田谷区深沢の住宅地に、東京都立園芸高校があります。校内は大変広く、園芸技術習得のための庭園、花壇がたくさんあり、また温室などの園芸施設も数多く設置されています。

昨年12月の半ばごろ、この園芸高校にを見学にいったところ、校内にある日本庭園の大きな松の木に、雪吊りがつけられました。

東京には、例年雪はほとんど降りません。したがって、雪吊りは別に必要ではありませんが、寒冷地での基本的な園芸技術として生徒の皆さんがトライしたのでしょう。

雪吊りをした松の根元に入ってみました。木の頂から荒縄が地面に向けて放射状にたくさん張られています。松の根元から見上げると、整然と張られている荒縄の間から、抜けるように青い冬空が広がっているのが見えました。

      雪吊りの      人気blogランキングへ
        縄の間に空
          青かりき

校内には桜の木がたくさんあります。それらは現在は葉が一枚もついていない冬木の状態ですが、これからほんの2ヶ月あまり後には桜の花が満開になり、校内は桜を愛でる見学者で賑わいます。


四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/01/13(土) 07:02)

 ボロ市のシクラメン
シクラメン

 世田谷の最大の年中行事 「世田谷ボロ市」 は、東急世田谷線上町駅の近く、世田谷区世田谷1丁目付近の通称「ボロ市通り」を中心に、毎年12月、1月の2回開催されます。

そのボロ市通りに面して、天祖神社という神社があります。この地区でボロ市など大きなイベントが行われる際は、この神社の境内で植木市が開かれることが多いようです。

今回の12月のボロ市では、クリスマスが近いということで、境内の植木市には上の写真のシクラメンやクリスマス・ローズの鉢植えがたくさん並べられていました。

日本では、クリスマスの花というとこのシクラメンがまずあげられます。花の種類が少ないこの時期には、クリスマスにふさわしい華やかさを感じさせる花というと、他にはほとんど見当たりません。
シクラメンは花が比較的丈夫で一般家庭でも長期間元気に咲いてくれるのも、人気の理由の一つでしょう。

このようにシクラメンが大量に並べられてあると、お客さんたちが遠くから見つけて次第にこちらに集まってきます。店主は、おおわらわでお客さんたちに応対していました。

       シクラメン    人気blogランキングへ
         市の客目を
           独り占め


四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/01/01(月) 06:53)

次のページ
copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア