実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 目黒さんま祭り
 秋のB級グルメといえば、まずはさんまの塩焼きということになるでしょう。古典落語 「目黒のさんま」 は、海から遠く離れた目黒村に鷹狩りにきた殿様が、百姓が焼くさんまの香りにひかれて初めて食べたところ、あまりのおいしさにすっかりさんまのファンになったというお噺です。

そのお噺にちなんで毎年9月はじめにJR山手線目黒駅前で目黒さんま祭りが開かれ、岩手県宮古市から提供された大量のさんまが塩焼きにして来訪者に無料で振舞われます。

第22回に当たる本年は、幸いにして好天気に恵まれた9月10日(日)に開催され、多数の来訪者で賑わいました。

目黒さんま祭り

 本年は宮古市は、中国漁船による乱獲の影響や、猛暑により海水温が高いなどのためさんまが不漁だったということです。

そのなか、宮古の漁業関係者皆さんのご努力により、冷凍ものもあわせて例年に近い量のさんまを目黒に届けていただけました。

そのお礼として、目黒さんま祭りの会場で東日本大震災被災者のための募金活動が行われたということです。

目黒駅前から広い目黒通り沿いにかけて目黒さんま祭りの会場がしつられましたが、そのいたるところで大量のさんまを焼く煙があがり、その煙をかいくぐるように人や車が行き交っていました。

さんまの塩焼きが無料でもらえるというので長い行列ができ、中には行列で2時間も待った人もいたとか (^_^)

        さんま祭り       人気blogランキングへ
           人も車も
              煙るなか

目黒さんま祭り


四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/09(月) 06:23)

 保育園の金木犀(もくせい)
 私の家の近くに世田谷区立の保育園があります。最近はお母様方が働いていらっしゃることが多いので、保育園はどこも満員とのことですが、ここにも50名を超える園児がいるそうです。

私は、散歩の途中でこの保育園の横を通ることがよくあります。子供たちは、ふだんは園舎を出て保育園の庭で跳んだりはねたりわめいたりで、まさにピーピーキャーキャーの大騒ぎです。

きんもくせい

 しかし園庭で遊んでいた園児たちは、昼近くになると園舎に入り、お昼ご飯を食べてから2時間ほど昼寝をするようです。

その間は保育園全体がうって変わってしんと静かになります。午前中があれほどにぎやかだったのが、信じがたいくらいです。

その時間帯に保育園の横を通りかかると、馥郁とした香りが漂っているのに気がつきました。保育園のほうを見ると、保育園の庭にある大きな金木犀が金粉のような細かい花を木いっぱいにつけていました。

        保育園      人気blogランキングへ
           木犀かおる
              昼寝どき

きんもくせい

 しかし、この保育園の静かさはそれほど長く続きません。3時ごろになると、園児たちは昼寝からさめておやつを食べます。

十分に寝てお腹もふくれた子供たちは、また園庭に出てきて午前中を上回る元気さでピーピーキャーキャーを再開します(^_^)


四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/10/05(木) 06:31)

 草津散策・青い栗
 群馬県草津にある老舗ホテル中沢ヴィレッジに宿泊し、近くにある広大な森林を散策しました。このあたりには、2時間くらいで歩ける手軽なハイキングコースがたくさんあります。夏なら、スニーカーと傘があれば、だれでも簡単に静かな森の散策を楽しめます。

青い栗

 沢を見下ろす道端で、かっこうな切り株を見つけ、腰をおろしてホテルをでるとき買ってきた緑茶のペットボトルを取り出しました。

高燥な高原で飲むと、こういう簡単な飲み物が実においしく感じられます。持ってきた菓子パンをお茶といっしょにゆっくりと食べながら、周囲の静かな森を見回しました。

沢から涼しい風が吹き上げるところに、大きな栗の木を見つけました。すでに葉陰に大きな青いいががついていました。
東京ではまだ栗のいがを見たことはありませんでしたが、このあたりは海抜1200メートル以上の高地なので、栗が早く実をつけるのでしょう。

        沢風は         人気blogランキングへ
           葉陰の青き
              栗見せぬ

青い栗

 毎年のことですが、夏の終わりに栗の木に青い大きないががついたのを見つけると、その鮮烈な存在感に感動します。

今回はホテルのログハウスに宿泊しましたが、そこはクーラーがありません。草津の夏はとても涼しいので、クーラーは必要ないのです。

その代わりにログハウスには暖房設備は床暖房と大型ストーブがあり、厳しい冬に備えています。ここでは、九月の半ばをすぎると日によっては暖房が必要になってきます。


四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/09/19(火) 06:30)

 駒沢はらっぱ
 東急田園都市線桜新町駅から桜新町通りを10分ほど渋谷方向に歩いたところに、世田谷区立緑泉公園という小さな公園があります。

その緑泉公園に隣接して、大きな原っぱがあります。これが 「駒沢はらっぱプレーパーク」 で、世田谷区からの委託によりボランティア団体が 「冒険遊び場」 公園として運営しています。

この形式の公園は、世田谷区内には3ヶ所あるそうです。各冒険遊び場公園には 「プレーリーダー」 という遊びの指導者が二人ずつ常駐しており、園内での子供たちの指導にあたっています。

駒沢はらっぱ

 冒険遊び場公園では、禁止事項は特に設けず、子供たちが 「自分の責任で自由に遊ぶ」 のが基本になっています。

この原っぱでさまざまな遊びをし、それを通して子供たちに自主的に社会生活の知恵を学んでもらおうというわけです。

公園の中には、プレーリーダーと子供たちが力を合わせて廃材などを利用して作った小屋ややぐらなどがたくさんあります。
上の写真は廃材で作った2階建ての小屋で、それに定尺の合板をつなぎ合わせて大きな滑り台を取り付けました。

駒沢はらっぱ

 こちらは、やはり合板の廃材を組み合わせて作ったとんがり屋根の小屋です。小屋にはちゃんと柱を立てて補強してあり、内部には板材で小さな部屋が作ってあります。

そのピンクに塗られた三角屋根の小屋の中に、チンと座っている女の子がいました(上の写真)。思わずカメラを向けると、お嬢ちゃんはすかさず可愛らしい手で Vサインを出しました。

        手造りの       人気blogランキングへ
           小屋はわが城
              秋日和

小屋の裏には、ちょうど紅い芙蓉の花が咲き誇っていました。


四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/09/15(金) 06:40)

 大温室のオオオニバス
オオオニバス

 昔から、エクゾティックな雰囲気のある大温室が大好きです。最近、都内唯一の植物公園である都立神代植物園(東京都調布市)を訪れましたが、ここにも立派な大温室があります。

大温室に入ると中に水槽があり、巨大な蓮の葉がたくさん水面に浮かんでいました。南米アマゾン地方原産のオオオニバスです。

オオオニバスは、成長すると葉の直径は約2メートルにも達し、子供が一人乗っても沈まないくらいになるそうです。以前、新宿御苑の大温室でもオオオニバスを見たのを思い出しました。

ここのオオオニバスは花は咲いていませんでしたが、通常白い大きな花を深夜に開き、翌日には花の色がピンクに変わって水中に沈むということです。ぜひ一度その花を見たいものです。

オオオニバスの葉の裏は赤紫色をしており、鋭いとげが一面に生えています。小さい若葉は、表の面もたくさんのとげで覆われています。

このためにオニバスとよばれるのだそうです。やはり、仏花のイメージのある日本の蓮とはだいぶ違って、野性的でパワフルですね。

        とげ多し           人気blogランキングへ
           子も載せられる
              蓮の葉に

九州・別府温泉の海地獄というところでは、毎年夏休みのイベントとして 「大鬼蓮乗り」 が行われ、大勢の子どもたちが集まるそうです。


四季の風物 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:1
(2017/09/11(月) 06:31)

次のページ
copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア