FC2ブログ

     実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 緑道のカブスカウト
カブスカウト 世田谷区の烏山緑道を歩いていると、前方からそろいの制服をきた男の子たちが来るのが見えました。やはり同じような制服を着た指導者らしい大人が二人付き添っています。
どうやらボーイスカウトの一団のようです。
世田谷区は緑地や大きな川などが多いせいかボーイスカウトなど少年少女の団体が盛んに活動しているそうです。
私どもが散歩していると、ときどきそれらを見かけます。

 この写真のグループは、近くにある古刹豪徳寺に本拠を置いて活動しているボーイスカウトのようでした。

ボーイスカウトの中で小学校2年生から小学校5年生での少年少女を対象として活動する部門を、カブスカウトとよぶそうです。この男の子たちはちょうどそのあたりかと思います。なお、カブとはライオンの子供のことです。

そろいの制服を着て青い帽子をかぶったきりっとした姿が秋の烏山緑道によく似合っていたので、付き添っていた指導者の方にお願いして写真を撮らせていただきました。

      落葉ふみ      人気blogランキングへ
        カブスカウトは
          帰路急ぐ

子供たちは小学校5年生になるとカブスカウトを卒業してボーイスカウトに進級するそうです。この子たちも鍛えられて、やがて立派なボーイスカウトになるのでしょう。


その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2019/11/08(金) 06:16)

 馬事公苑・蹄鉄師
 世田谷区にある 馬事公苑は、1964年に前回の東京オリンピックで馬術競技が行なわれた場所です。
現在その馬事公苑では、一年先に迫った2020年東京オリンピックに向けて大規模なリニューアル工事をしており、一般者は苑内に立ち入ることはできません。

蹄鉄師
 馬事公苑がまだオープンされていた数年前、馬事公苑では、年間を通じてさまざまな催しをしていました。

ある夏、馬の蹄鉄師さんが仕事をする様子をここで見ることができました。
蹄鉄とは、英語では horse shoes というのだそうで、まさに馬さんのひずめを保護するための鉄の靴です。それぞれの馬のひずめにあわせてU字形の蹄鉄を鍛冶仕事で作ります。

 その蹄鉄にはさらに何ヶ所か四角い釘孔を設けます。蹄鉄を馬のひずめにあてがって釘孔に断面が四角い鉄釘を打ち込み、ひずめに取り付けます。これにより打ち込んだ釘が抜けにくくなり、蹄鉄がしっかりと固定されます。

この蹄鉄師さんは、上の写真のように煙突のついた炉を会場に持ち込んでコークスを赤々と燃やし、U字形の蹄鉄をその中に入れて真っ赤に加熱してはハンマーでたたいて加工していました。

北海道の大きな牧場では、一日に十頭以上の馬の装蹄をすることもあるそうです。この仕事は、特に夏には本当にきついと思います。

仕事に一区切りがついたのでしょうか、蹄鉄師さんが炉の前を離れ、馬事公苑の花壇の前で汗をぬぐいながら風を涼んでいました。

      蹄鉄を      人気blogランキングへ
        灼く炉を離れ
          風涼む


その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2019/08/24(土) 06:50)

 アルミ箔で西日遮断
アルミ箔で西日遮断 いよいよ一年中でもっとも暑い時期になりました。東京でも最高気温が35度を超える日が続いています。毎日を少し涼しくすごす工夫をしようと思います。

普通の住宅では、戸外から室内に流入する熱は、ガラス窓を経由するものが大部分を占めるそうです。したがって、窓ガラスの遮熱をはかる必要があります。

 現在、日曜大工店などでは窓ガラスに貼る「遮熱シート」が販売されています。それらを利用することで、室内は若干暗くなる代わりには、外部から侵入する太陽熱を低減することができます。

しかし、私も以前このような遮熱シートを使ったことがありますが、窓に当たるこの時期の日光はすさまじく、結局真夏の暑さ対策としてほとんど用を成しませんでした。

私の家では、東側、南側、西側の窓にはアルミの細い板でできたシャッターを取り付けてあります。そこで、現在は真夏の日中にはそれらのシャッターを下ろして窓に当たる日光の80パーセントを遮断しています。

それにより室内はもちろん暗くなりますが、真夏の日中の日光は非常に強いので、日常の生活をするには別に支障はありません。

家の西側にシャッターがない窓が一つありますが、そこにはこのシーズンは上の写真のように窓面積の80パーセントにアルミ箔を貼って西日を遮断しています。

このようにして家の中に差し込む日光の量を低減すると、「海の家」でよしずをかけて日光を遮ったような状態になり、真夏の暑さ対策として相当な効果があります。

     アルミ箔で     人気blogランキングへ
       西日遮えぎり
         お茶やすみ


その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2019/08/08(木) 07:11)

 ギリシャ経済、底打ちか
ギリシャ 昔、「日曜はダメよ」というギリシャ映画を観たのを思い出しました。
なにがどうしてダメなのかは映画のDVDを観ればわかりますが、ともかく底抜けに明るい作品でした。

主演女優メリナ・メルクーリはこの作品でカンヌ国際映画祭女優賞を受け、一躍世界的に有名になりました。

またマンドリンを使った陽気な映画主題歌はアカデミー主題歌賞を受賞し、当時日本でも大流行しました。

 映画は1960年に制作されましたが、当時メルクーリは40歳でやや太目のセクシーなスタイルでした。その後ギリシャに軍事政権ができると、メルクーリはそれを打倒する運動に参加しました。その後誕生した民主政権では、メルクーリは文化大臣を務めました。

その民主政権は底抜けに明るい国ギリシャで現在に至るまで存続していますが、その国家財政のほうも実は当時から完全に底抜けだったのです。

 さて、最近はギリシャの財政破綻に関連して、ギリシャ人の生活の様子が盛んにレポートされています。
ギリシャ人は普通朝7時半ごろから勤務するそうですが、その定刻に遅刻する人が多いようです。そこで、遅刻しなかった人には、別途精勤手当を払っているということです。

7時半ごろから仕事を始めるとして、普通は6時間ほど勤務します。これで仕事は終わりで、後は自宅に帰ってじっくりと時間をかけて昼食をとります。その後は夕方涼しくなるまで長い昼寝をします。

      飯(めし)のあと   人気blogランキングへ
       長き昼寝の
         ×リシャ人

このような仕事ぶりの割には当時のギリシャ人の年金はかなり高額で、現役時代とそれほど変わらない額が支給されたので、50歳ぐらいから引退する人が多かったということです。それにより、国家財政がますます圧迫されることになりました。

このような放漫財政が長続きするわけはなく、現在から約10年前にギリシャはそれまで大量に発行してきた国債がデフォルト(償還不可能)となる危機にひんしました。

ギリシャが財政破綻すればユーロ圏全体が大混乱に陥いるとして、ドイツ、フランスを中心にギリシャに対して緊急財政支援が行われ、ギリシャ国債のデフォルトはかろうじて回避されました。

しかし、その見返りとして、ギリシャには財政面の改善や公務員の給与カット、年金制度の改革など厳しい条件が課され、ギリシャ国民は一転して生活のレベルダウンを強いられることになりました。

そのギリシャ危機から約10年、ギリシャ経済の規模は、ギリシャ危機以前に比べると約3/4にまで落ち込んでいるそうです。

しかし、2017年には経済成長はようやく回復してきて前年度比プラスに転じており、2018年もプラス成長となっているとのことです。

その経済回復は豊富な観光資源と温暖な気候に恵まれた観光業が牽引しているそうです。

ギリシャ

緊急財政支援に当たって厳しい条件を突き付けられたとして仲のよくないドイツや、ロシア、北欧諸国からも、観光客が大挙してギリシャを訪れているそうです。今後もギリシャ経済がなんとか回復基調を維持できるよう、期待しましょう。


その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2019/08/04(日) 07:24)

 マレーシア航空機撃墜の調査結果
マレーシア航空機

 マレーシア航空MH17便は、2014年7月17日、乗員を含めて298人を乗せてアムステルダム・スキポール国際空港を出発し、マレーシア・クアラルンプール空港に向かいました。

MH17便は順調に飛行してウクライナにかかったとき、東部ドネツク州上空で撃墜され、搭乗した298人全員が死亡しました。

当時は、現場ではウクライナ政府側と親ロシア派が激しく交戦中で、いずれかが地上から発射したミサイルにより同マレーシア航空機が撃墜されたのです。

その後ウクライナ政府は「現場付近を実効支配する親ロシア派が同機をミサイルで撃墜した」と発表しましたが、ロシア共和国、ウクライナ内の親ロシア派はそれを否定しています。

捜索活動、墜落の原因究明が困難な状況にありました。死亡した乗客の多数を占めるオランダ、マレーシアの政府からは、遺骸の取り扱いなどをめぐって強い抗議が行われました。

私どもも、数年前、このアムステルダム・スキポール国際空港からロンドンに向かって飛び立ちました。今後二度とマレーシア航空MH17便のような事故が起こらないことをいのるばかりです。

      夏空の     人気blogランキングへ
        大事故の報
          声も出ず

上記航空事故の国際合同捜査チーム(JIT)は、その後も詳細な調査を進め、本年6月19日、当時ウクライナ東部における紛争に関わっていたロシア人がロシア製ミサイルを地上から発射してマレーシア航空MH17便を撃墜したと発表しました。

JITや検察によると、同事件で殺人の疑いがかけられているのはロシア連邦保安局(FSB)の元大佐、ロシア参謀本部情報総局(GRU)の職員ら4人とのことです。


その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2019/07/31(水) 06:45)

次のページ
copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア