FC2ブログ

     実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 黒田清輝 「湖畔」
黒田清輝 《湖畔》 黒田清輝がフランスから帰国するときには、モネ、ドガ、ルノワールらが第一回印象派展を開催してから20年近く経っていました。
一方、フランスでの伝統絵画の中心であったサロンは、印象派の影響を受けて明るい風景画、人物画の出品が多くなっていました。

 黒田がパリで師事した画家ラファエル・コランは、印象派絵画から影響を受けたサロン外光派の一人でした。

ロワン川のほとりグレで制作した作品《読書》や1893年に描いた名作《朝妝》で、黒田は念願のサロンへの入選を果たしました。

1893年に帰国してから、黒田は同じくフランスで学んだ久米桂一郎らとともに洋画塾を開設し、印象派の影響を取り入れた外光派と呼ばれる画風を日本に広めました。

1896年には東京美術学校の西洋画科の発足に際して講師となり、以後日本西洋画の発展に大きく貢献することになりました。

黒田は帰国から4年目の1897年に名作「湖畔」を自らが主宰する画塾白馬会の展覧会で発表しました。この作品は、現在上野の東京国立博物館に付属する黒田記念館に展示されています。

       遠山を      人気blogランキングへ
         映す湖水に
           風すずし


美術 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2019/06/29(土) 07:25)

 マルモッタン美術館
睡蓮

 この春、思い立って8年ぶりにフランスの首都パリに旅行しました。例によって、毎日のようにパリ市内や近郊の名所旧跡などを訪ね歩く忙しい旅行でした。

その間、時間を見つけてルーブル、オルセーの2大美術館をはじめ、方々の美術館に行きました。やはりルーブル、オルセーの2大美術館の膨大なコンテンツは、何度見ても圧倒されるのみです。

マルモッタン美術館は、パリの西、ブーローニュの森に近い住宅地ラ・ミュエットにある小さな美術館です。美術館の規模は小さいのですが、「印象派」の名前の由来となったモネの初期の名作《印象・日の出》が展示されているので有名です。

モネは、晩年はセーヌ川下流ジヴェルニーの家に造った池に睡蓮を植え、《睡蓮》 の連作を多数制作しました。前記パリ市内のオルセー美術館にも、そしてこのマルモッタン美術館にも睡蓮を描いた優れた作品が展示されています。

当マルモッタン美術館では地階の奥のほうに大きな展示室があり、その部屋全体がモネが描いた《睡蓮》絵画連作の展示にあてられていました。

     《睡蓮》 を
       訪ねオルセー
         マルモッタン

《睡蓮》連作の部屋というとパリ・オランジェリ美術館にある楕円形の大きな展示スペースをすぐ思い出しますが、マルモッタン美術館の《睡蓮》のほうが制作が早いようで、花の形、雲や柳の葉などがよりはっきりとした形状で描かれています。

オランジェリ美術館と同じように、展示室の中央に大きな長いすがいくつも置いてありました。大きな《睡蓮》連作を見て歩いていると疲れてくるので、ときどきその長いすで休みながら周りの壁にかかっている絵をゆっくりと見回しました。


美術 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:2
(2019/05/04(土) 06:25)

 中川一政美術館
中川一政美術館 真鶴半島の南端三ツ石の海岸で早春の海を楽しんだあと、また岬の崖道を登り、ケープ真鶴に戻りました。

次に、今回のもう一つの目的地である中川一政美術館にバスで行こうとバス停で調べると、ほんの少し前にバスが出てしまったのがわかりました。

美術館まで歩くと15分ぐらいとのことで、ちょうどよい散策に思われました。そこで、美術館に向かってのんびりと岬の尾根筋の道を歩き始めました。

 道筋はうっそうと繁った自然林ですが、その樹間からはるか下方に真鶴半島に打ち寄せる波が白く砕けるのが見えました。

中川一政画伯は、1893年(明治26年)生とのことで、作家吉川英治さんとほぼ同じころの生まれです。

終戦後まもなくこの真鶴町にアトリエを構え、以降地元真鶴、箱根や桜島などのダイナミックな風景画を多数制作しました。

また、生涯にわたり大変花を愛し、バラ、ひまわり、椿など色彩豊かな花の絵画も多数制作されました。

中川画伯は平成3年に97歳の長寿を全うされて生涯を終えましたが、90歳ぐらいまでは、方々にイーゼルをかついでスケッチに出かけていたそうです。

       バラの絵に    人気blogランキングへ
         岬の陽光
           満ちみちて


美術 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2019/04/14(日) 06:43)

 世田谷の仏師
世田谷の仏師

 小田急線経堂駅の近くの商店街を歩いていると、とんとんと何かをたたいているような音が聞えました。そのほうに歩いて行くと、商店街の小さな店から聞こえるようで、ガラス戸越しに見ると3、4人のグループがなにか木を刻む仕事をしていました。

どうやら、皆さんで木の仏像を作製する仕事をしているようです。このにぎやかな経堂の商店街の中で仏師が仕事をしているのを見て、私は大変驚きました。

リーダーの人に話を聞くと、東京の都心にあるお寺に納める仏像を制作しているとのことでした。たまたま商店街にあった空き店舗を借りて、仕事をしていたのでしょう。

それにしても、写真の仏像は大きな足を投げ出してでんと寝そべっています。その力強い姿から判断すると、仁王様でしょうか。グループの人たちは、それぞれ別々の細工を作っているようでしたが、それらをこの仁王様に取り付けて、最後に彩色をして仕上げるのでしょう。

なお、普通仁王様といわれているのは金剛力士のことで、あらゆる煩悩を打ち砕く「金剛杵(こんごうしょ)」という武器を手にして仏を守るとされます。

      春めくや      人気blogランキングへ
        仏師のふるう
          のみの音


美術 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/02/26(月) 06:52)

 新年好
新年好

 数年前、当時中国南部の都市福建省アモイ在住だったT様から、美しい絵画画像付きの年賀メールをいただきました。旧正月・春節の時期にあたり、作者のT様の許可を得て絵画の画像をここに掲載させていただきました。

上左の絵画は「初日」という題で、ガジュマロ(榕樹)という南国の樹を描いたものだそうです。榕樹は、名のごとく木から溶けるように枝が垂れ下がり、地面にまで達します。
そのエクゾチックな樹木の向こうに、南海の水平線から昇ってきた初日が輝いています。

上右の絵画は、いかにも南中国の新春らしい紅い桃の絵です。画面から江南の春節の雰囲気が伝わってきて、見ていると思わず心が浮き立ちます。

      江南の       人気blogランキングへ
        春を寿(ことほ)ぐ
          メール画像

 T様は、その後シベリア北部の都市マガダンの北方国際大学や中国の大学で日本語を教えていらっしゃいましたが、現在は日本に帰っておいでだそうです。

また、T様は「 道子とKのギャラリー」というエクゾティックな雰囲気のあるホームページを開いていらっしゃいます。ぜひアクセスしてご覧ください。


美術 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/02/22(木) 06:36)

次のページ
copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア