実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 大阪城と桜
大阪城公園

 今年3月末に京都を訪れ、その後久しぶりに大阪に行きました。大阪では、初めて大阪城公園を訪れました。

大阪城は、大阪夏の陣で豊臣氏が滅亡した際に焼失しましたが、後に徳川家によって再建されました。しかし、その大阪城の天守は、1665年に落雷によってこれまた焼失しました。

ほうぼうの城郭の歴史を調べると、このように落雷によって焼失した例が多いのに驚かされます。避雷針が発明されるまでは、城郭、特に天守閣にとって落雷が重大な脅威だったのです。

現在の天守は、大阪市民の寄付を財源として昭和6年(1931年)に完成したもので、外観は5層の城郭、内部は8階建のコンクリート造となっています。第4層の屋根には、巨大な金鯱が取り付けられています。

この天守のある大阪城跡を中心として、広大な大阪城公園が広がっています。大阪城公園内には桜が約4500本、梅が1250本も植えられており、大阪の代表的な花見どころとなっています。

今回の旅行で、京都はやはり少し寒いのか桜がほんの咲きはじめでしたが、ここ大阪城公園はソメイヨシノが四分咲きぐらいとなり、市民、観光客など多数の花見客でにぎわっていました。

公園から壮麗な天守を見上げると、桜の花の間から、第4層の屋根についている巨大な金鯱が春陽を受けて輝いているのが見えました。

        大阪城         人気blogランキングへ
           花間に仰ぐ
              金の鯱


旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/04/24(月) 06:41)

 京都 ・ 平野神社の桜
平野神社

 今年3月末、久しぶりに京都に行きました。まず、関西の天満宮の代表である北野天満宮を訪ね、次にそのすぐ近くにある桜の名所平野神社に歩いて向かいました。

平野神社は、平安時代初期創建といわれる由緒ある神社で、歴代天皇がたびたび行幸しています。江戸時代初期の寛永年間以降、皇室、公卿、将軍家、大名家の援助により、現在の社殿が再建されました。

平野神社は京都の桜の名所として有名で、45種、500本の桜が植えられています。特に、「さきがけ桜」 と呼ばれる早咲きの枝垂れ桜が名桜とされ、この桜の開花が京都の花見のはじまりとされています。

私どもが平野神社に行ったときは、ちょうどこのさきがけ桜が満開となっており、赤鳥居の横に豪華に咲き誇っていました。京都北部の山中のことで、そのほかの桜はぽつりぽつりと咲いているものが大半でした。

神社の本殿に向かうと、その手前に紅の色鮮やかなしだれ桜の大木がありました。まだ二、三分咲きなのですが、そのほうがつぼみが紅いので、遠くから見るととても華やかに見えるのです。

この桜は紅しだれ桜という種類で、平野神社の地区では 「誇りの木」 といわれているそうです。

        さきがけて         人気blogランキングへ
          平野に咲けり
             紅しだれ


旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/04/20(木) 06:56)

 古都のコスプレ?
コスプレ
 この3月の末に、久しぶりに京都に旅行に行きました。JR京都駅で新幹線を降りて駅の外に出かかると、大音響の音楽が流れ、人だかりがしていました。JR京都駅前の広場で、なにかにぎやかなイベントをしているようです。

近寄って人垣の中を見ると、いきなり浅草の踊り子のような若い女性が目の前で踊っていました。

古都京都にきて、この派手なイベントには驚かされましたが、どうやら夏に神戸で行われる神戸まつりというイベントのPRを今からしているようです。

 世の中には、コスプレの活動を頻繁に行っているコスプレーヤーという人種がいて、このようなイベントに出演することも多いそうです。専門のタレントに依頼するより出演料が安いので、イベントの主催者側としては経費節減となりありがたいのだとか。

        花寒に        人気blogランキングへ
           負けずコスプレ
              花盛り

そのイベントの横を通りかかったボクちゃんも、思わずお口あんぐりでびっくりしてそばで見ていました。

   ビックリしたなー ボク。
   このおねーさんたち、どうして服を着ていないんだろー?
   寒くないのかなー。

旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2017/04/12(水) 07:02)

 東京モスク
東京モスク イスラム教は、現在全世界の20パーセントの人々に信仰されています。その地域のイスラム教徒が一緒に礼拝することのできる公共的寺院を、モスクといいます。

私はかねてより本格的なモスクを見学したいと思っていました。
日本にはそのようなモスクはないのだろうかと思っていたところ、つい最近になって、インターネットを検索していて私の家の近く、小田急線代々木上原に日本最大のモスクがあるのを知り、さっそく見学に出かけました。

イスラム寺院 「東京ジャーミー」 は、トルコ共和国の援助のもとに建立された日本最大のモスクで、東京モスクとも呼ばれます。

代々木上原駅から歩きだしてまもなく、モスクの尖塔が春の青空を切り裂くように立っているのが見えてきました。モスクは、ドームも白、尖塔も白、入口の壁も白と、大部分が白い素材で造られています。

最近目だって強くなった春の日差しを受けて、すべてまばゆいばかりに輝いていました(上の写真)。

        弥生空      人気blogランキングへ
           モスクの尖塔
              きらめけり

東京モスクの礼拝所では、女性は髪をベールかスカーフで隠すように求められます(スカーフを持っていない場合は、礼拝所で貸してくれます)。東京モスクの詳細については、こちらをご覧ください。

旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/03/15(水) 07:18)

 河津桜祭り
河津桜祭り

 昨年2月中旬に、南伊豆の河津町と下田を訪ねる小旅行をしました。このところ、毎年2月には海岸地方の暖地を訪れていますが、昨年は近年非常に人気の高い河津桜をぜひ見ようとこの地に決めました。

横浜から伊豆急の特急踊り子号に乗り、車窓東側に広がる春の海の景観を楽しんでいるうちに伊豆急河津駅に着きました。

ここからまず路線バスに乗って、文学作品に登場しているので有名な 「旧天城トンネル」 に向かいます。この場所については、また別ページでご報告したいと思います。

旧天城トンネルを見てから、また、伊豆急河津駅に路線バスで向かいました。河津駅より3つほど手前のバス停で降りて、河津桜の咲いているという河津川の堤防に向かって歩きました。

河津桜はオオシマザクラ系とカンヒザクラ系の自然交配種でできた早咲き桜で、本州ではもっとも開花が早いとされます。ここ河津町では、毎年2月10日前後から一ヶ月間 「河津桜祭り」 を開催しています。

河津川の堤防に登ると、川の両岸の堤防に見渡す限りピンクの濃い河津桜が満開になっているのが見えました。その花堤の間を、河津川が花の姿を映しつつ静かに流れています。河津川も、両岸の満開の桜を楽しみつつゆったりと流れているようでした。

        両岸の         人気blogランキングへ
           桜を愛でつ
              川流る


旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/03/07(火) 06:47)

次のページ
copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア