実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 猫の背にインコ
 葛飾区立水元公園は、京成線・JR線の金町駅からバスで10分ほどのところにあります。東京都区部では最大の面積を誇る親水公園です。

水元公園は花菖蒲(しょうぶ)の名所として昔から有名で、毎年6月に、「葛飾菖蒲まつり」 がここで開催されます。私もかねてより名前は知っていましたが、これまで行ったことはありませんでした。

今回、花菖蒲のシーズンは終わりましたが、代わって現在では都内ではあまり見られなくなった蓮の花が咲いているとのことで、思い立ってこの水元公園を訪れました。

園内の中央部、駐車場の近くに、ポプラ並木があります。高さ20mにも及ぶポプラが道路の両側に約220本植えられており、その並木の間から見通す先に真夏の空が広々と開けていました(下の写真)。

ポプラ並木

ポプラ並木の下の道路は、ご覧のように数百メートル先までまっすぐに伸びています。その先のほうを歩いている人たちの姿が、ポプラの高さに比較して非常に小さく見えました。

このようなポプラ並木は、以前訪れたパリ近郊などヨーロッパではよく見かけましたが、日本で見るのは初めてでした。日本にあるポプラの樹は、明治期に導入された外来種だそうです。

そのポプラ並木を歩いていると、ふと人だかりがしているのを見つけました。のぞき込むと、なんと猫ちゃんの背中に黄色いインコが乗ってちょんちょんと動き回っていました(下の写真)。

猫の背にカナリア

 いかにも広々とした水辺の公園にふさわしいやさしい光景でした。

この猫ちゃんとインコは、どちらも、この公園の近くに住んでいる方が飼っているものだそうです。きっとお互いに生まれたときからその飼い主さんのもとで仲良く育てられたのでしょう。

このコンビは、現在ではこの水元公園の名物になっているそうです。

        猫の背に      人気blogランキングへ
           インコの休む
              夏木陰


旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2017/08/18(金) 06:46)

 銚子電鉄で犬吠へ
 皆様は、NHKテレビの天気予報の時間で、「各地の気温」 という画面をご覧になっているでしょうか。その画面で、関東地方で夏最も気温が低くしかも冬最も気温が高いのが、千葉県最北部の都市銚子です。

たとえば夏では、東京が32度のとき、銚子は27度ぐらいのことが多いようです。昨8月9日は東京では37度を超える猛暑でしたが、銚子は気温は28度を少し上回るくらいでした。

その理由は、関東の地図を見れば、一目瞭然です。千葉県東北部、茨城県東南部は半島のように東に突き出していますが、銚子はその突端にあって黒潮の中にどっぷりと浸っています。

そのため、銚子の気候は年間を通じて寒暖差の少ない典型的な海洋性気候となっているのです。

銚子の気温

 とりわけ暑さの厳しい今年の8月はじめ、私どもは銚子の夏を体験すべくJR総武本線の特急で銚子に向かいました。

銚子には 「銚子電鉄」 というミニ電車があります。チンチン電車が大好きな私どもは、それを利用して灯台があるので有名な銚子の名勝犬吠崎に行くことにしました。

銚子電鉄は、3両編成のうちの1両がご覧のような開け放しの遊覧車で、車両の外側は青い波の模様が塗られています。

夏季だけ運行しているとのことですが、東南アジアかアフリカの電車のような開放的な雰囲気で、大好評だそうです。私どももそのオープン遊覧車に乗り込みました。

銚子電鉄

 銚子は、上記のように年間を通じて気候が穏和で、それを生かした各種野菜の生産で有名です。特にキャベツ、とうもろこし、たまねぎなどの生産高が大きく、首都圏に向けて大量に出荷されているそうです。

遊覧車は、その広大な野菜畑の中の単線軌道を半島の突端にある犬吠崎に向けて進行します。海からの風がとうもろこし畑をわたってきて、開け放しの車両の中を吹き抜けて行きました。

       もろこしの        人気blogランキングへ
          香は遊覧車を
             吹き抜けぬ


旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/10(木) 07:10)

 川遊び・西丹沢
川遊び・西丹沢

 私どもは、群馬県草津のホテルの会員になっていてときどき行っています。しかし、やはり草津はかなり遠いので、もう少し東京の近場で簡単に行けるところはないだろうかとかねてより探していました。

今回は、小田急線沿線の神奈川県山北町の近く、丹沢湖のある西丹沢のあたりを調べたところ、丹沢湖からまたバスでかなり山に入った箒沢(ほうきざわ)というところに民宿が見つかりました。

そのあたりは、東京の水源地である丹沢湖に注ぐ渓流に沿った地域で、昔は御料林として保護されていたそうです。

民宿に着き、涼しい風が吹き抜ける二階の部屋で一休みしてから、民宿の前から崖伝いのけわしい道を降りて渓流に向かいました。

渓流の岸の近くまで降りてくると、近所の子供たちが10人ほど流れの中でにぎやかに水遊びをしていました(上の写真)。

なにしろ東京都の水道のもとになっている渓流なので、ご覧のように水質は申し分ありません。子供たちが水中眼鏡をかけて渓流に飛びこんで、底にいる魚などを盛んに探しています。

        渓流に         人気blogランキングへ
           もぐれば青き
              光満ちて

この渓流には、カジカなど魚や沢蟹などがたくさんいるとのことでした。

水がきれいなだけに水温が低いようで、子供たちは、ときどき渓流の岸にあがり岩の上で甲羅を干してはまた水に飛び込んでいました。


旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/08/06(日) 06:45)

 平泉・衣川古戦場
衣川古戦場

 岩手県平泉の中尊寺は、山麓から月見坂という長い参道が続いています。それを登って行くと、まもなく弁慶堂というお堂があります。

そこから月見坂をさらに少し登ってゆくと、杉並木の右側の空が大きく開け、山上から平泉町が遠くまで見渡すことができました。
みちのくの地にもようやく田植えのシーズンが訪れ、平泉町の水田には早苗が植えつけられて一面に薄緑になっていました。

上の写真の奥のほうで、平泉の地を流れる大河北上川に衣川という支流が合流します。その合流点のあたりに、歴史上有名な衣川古戦場跡というのがあります。

鎌倉幕府を開いた源頼朝は、弟源義経を庇護している欧州藤原氏の藤原泰衡に対し、義経を殺害するよう命じました。強大な権力を持った頼朝には逆らえず、藤原泰衡は義経の館を急襲しました。
義経の少ない手勢は、攻めよせてきた藤原泰衡の軍勢と衣川で戦いました。上の写真で右上隅にある橋の先が衣川古戦場跡だそうです。

義経は、北上川を見下ろす平泉町・高館の丘に住んでいたとされます。藤原泰衡の軍勢に館を包囲された義経は、ついに最後を悟り館の中で自決を遂げました。義経の館は、衣川古戦場跡と現在高館義経堂のある場所の中間あたりにあったのではないかともいわれます。

その衣川古戦場をはるかに望む崖の上に立ち、平泉町から吹き上げる涼しい風を受けながら、900年近い時の流れに思いをはせました。

       早苗田の        人気blogランキングへ
          かなたに霞む
             古戦場


旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/07/05(水) 07:04)

 平泉・中尊寺
中尊寺

 二十年も前のことになりますが、松尾芭蕉の 『奥の細道』 のルートをたどろうと思い立ちました。
東京・深川の芭蕉庵址から出発し、何年間かかけて千住大橋、草加、那須、黒羽町を歩き、さらに福島県・白河の関にも行きました。

次は、 『奥の細道』 前半のハイライトである奥州・松島と平泉・中尊寺をぜひ訪ねたいと思っていました。

その後なんどか旅行の計画を立てつつ、行きそびれていましたが、今回やっと中尊寺を訪れることができました。

東京駅から新幹線に乗って一ノ関まで行き、その駅前からバスで平泉の中尊寺に行きました。バスの停留所で降りると目の前に大きな山がそびえており、その山全体が中尊寺の境内になっているようです。

中尊寺は、12世紀初頭に奥州藤原氏によって創建されました。奥州藤原氏が滅びた後も源頼朝の庇護を得て隆盛し、本堂、金色堂など40もの堂宇が建ち並んでいたそうです。
しかし、1337年に野火が飛び火してそれらの堂宇は次々に猛火に包まれ、わずかに金色堂と経倉の一部が焼け残ったということです。

バス停の前にある入口の黒い門を通って境内に入ると、月見坂という広い参道が山の上に通じています。両側にそそり立つ杉の巨木を仰ぎ見ながら、その参道をゆっくりと登って行きました。

       参道の        人気blogランキングへ
          高きこずえに
             緑濃し

旅行・散策 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2017/06/15(木) 08:00)

次のページ
copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア