FC2ブログ

     実りのときブログ
日記・ブログ人気ランキング
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

yuuhei

Author:yuuhei
海外・国内旅行・美術
文学・俳句・音楽・写真

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 深海の事故機探索
 2014年3月8日午前0時41分(現地時間)、マレーシア航空370便は、12人の乗員を含む239人を乗せてマレーシアのクアラルンプール国際空港を出発し、北方中国北京空港に向かいました。

同便は離陸の50分後、ベトナム南部の海岸近くの海上を航行中の午前1時30分を最後に、各国空港の管制当局との交信を絶ちました。

その後の調査で同機はなぜか目的地と反対方向に飛行してオーストラリア南西部の海域に墜落した可能性が高いのがわかり、関係各国の大掛かりな海上捜索が長期間行われました(下の写真)。

マレーシア航空機

 しかし、墜落した際にバラバラになったと推測される機体を水深1000mを超す深海で捜索するのは、私どもの想像をはるかに超える困難さがあるようで、その後、現在に至るまで同航空機の機体は発見されていません。

 本年4月9日午後7時すぎ、航空自衛隊三沢基地(青森県)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが、青森県東岸沖の太平洋に墜落したのが判明しました。

F35Aはアメリカ空軍が長年にわたって開発した今後の主力とされる戦闘機で、重大な軍事機密を多数持っています。そこで、アメリカ空軍、海軍、日本自衛隊の総力を挙げて墜落したと推測される海域で機体の捜索に当たっています。

事故から1ヶ月以上が経過しましたが、深海での機体断片の捜索は困難を極め、ようやく同機のフライトデータレコーダーの部品は回収されましたが、肝心の飛行データを保存したメモリーはまだ発見されていないとのことです。

F-35

 今回のF35A墜落事故により、航空機が深海中に墜落した場合の機体捜索が、現在の捜索技術をもってしても大変難しいのが改めて判明しました。

墜落した同機のパイロットの遺骸も今日までまだ発見されていません。パイロットの方のご冥福をお祈りします。

      深海の      人気blogランキングへ
        捜索続く
          嘆きの初夏



未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2019/05/20(月) 07:41)

 大阪天満宮のなで牛
なで牛

 4月はじめに、大阪の桜の名所大阪天満宮を訪れました。菅原道真公が左遷されて大宰府に船出した際、この地にあった神社で旅路の無事を祈願されたとされ、道真公が大宰府で没した後村上天皇によりここに天満宮が造営されました。

菅原道真公は丑の日に生まれ、また死去されたのも丑の日だったそうで、牛に縁があります。道真公ご自身も、大変牛を可愛がられたということです。そこで各地に造営されている天満宮には、たいてい「なで牛」がおかれています。

なで牛の耳元でお願いごとを唱えながら、牛のどこかをなでると、自分の体の同じ部分にご利益があるとされます。

大阪天満宮の境内に置かれているなで牛の前に立て札が立っていたのでふと見ると、なんとこのなで牛は有名な牛鍋屋スエヒロが奉納したものということでした。

牛鍋屋は日ごろ大量に牛を殺して商売に使っていますが、その罪滅ぼしをしようというのでしょうか。毎年春に牛祭りを行って、牛の供養をしているとのことです。

      牛鍋の      人気blogランキングへ
        罪滅ぼしに
          牛供養

菅原道真公は没後現在に至るまで学問の神様としてあがめられるようになりましたが、牛が繰返し反芻して消化するさまを学問の習得にたとえたそうです。

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2019/04/06(土) 07:50)

 あじさいの小道
あじさいの小道

 本2018年は、気象庁が6月6日に関東地方の梅雨入りを宣言しました。例年より2日ほど早い梅雨入りだそうです。

その後しばらくは梅雨らしい雨の降り方もあまりなく蒸し暑い日々が続いていましたが、6月10日ごろから前線が接近したとのことで時おり土砂ぶりの雨に見舞われるようになりました。

私の家の近くに人通りの多くない小道があり、その両側に あじさい が植えられています。梅雨のシーズンを代表する花を静かに楽しむことができるので、私はこの小道をよく通ります。

二日ほど雨の続いた日の夕方、傘をさしてこの小道に入りました。普通はあじさいの葉に触れることもなく道を通り抜けられるのですが、この日は花盛りで大きくなったあじさいが雨を含んで重くなっており、道の中央に向かって倒れてきていました。

あじさいの大きな花には雨しずくがずっぷりと付いています。その雨しずくでシャツが濡れないように、傘を横に向けてあじさいの花を避けつつ小道を歩きました。
濡れて垂れたあじさいの花が傘に当たって、ざわざわと大きな音をたてました。

       傘で道の
         紫陽花こいで
           通りけり


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2018/06/26(火) 07:24)

copyright © 2005 実りのときブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア